例えば、職場の先輩に寿司屋に連れて行ってもらったとき、あなたはどう振舞いますか?ご馳走を堪能しますか?

「寿司屋で寿司ばっかり食ってどうする」と言うのは、あるトップ営業パーソンです。

「『今日は俺のおごりだからなんでも食っていいぞ!』と若手を寿司屋に連れて行くと、みんなここぞとばかりに好きなネタを頼みますよね。そして、美味しい!と言いながらどんどん食べている。僕は言うんですよ。『なんで寿司屋で寿司ばっかり食ってるんだ?』と。皆はきょとんとしますけど、結局、何のために自分がが寿司屋に連れて行こうと思ったかなんですよ。お互いに忙しい中で貴重な時間をつくっているのに、目の前の寿司ばかりに意識がいって、僕や大将と、食以外の話が出てこない。『美味しい寿司を食べたい!』という気持ちが先行してしまっているんですね。そういう人は『お客さまのためとか相手のため』なんて言っていてもお題目。結局、相手の方を向いてないんです」

「その場の大目的は何なのか?なぜその場に自分がいるのか?そこで自分は何を実現したいのか?」を考えることが大切ですよね。

This article is a sponsored article by
''.